アスタリフト(ASTALIFT)で化粧品選びが変わる!

アスタリフト(ASTALIFT)は、富士フィルムCMでおなじみのアンチエイジング化粧品。年を重ねられるごとに輝きを増してゆく、中島みゆきさんと松田聖子さんのCMが印象的です。

アスタリフト(ASTALIFT)のCMでの中島みゆきさんと松田聖子さんの日差しの中での透明感のある肌には、思わずウットリ♪ 何時までもアスタリフト(ASTALIFT)CMのお二人のような美しい、自信のお肌でいたいものでね。

アスタリフト(ASTALIFT)の化粧品は、年齢とともに現れるさまざまなお肌のエイジングサインを見逃しません。お肌の内部へと浸透する、富士フィルムのナノテクノロジーが、お肌の奥の奥へと働きかけ、お肌の弾力の源であるコラーゲンを守ってくれます。

公式サイトはこちら⇒アスタリフト新トライアルキット

youtubeアスタリフト動画

アスタリフト(ASTALIFT)のトライアルキット

まずはお試し!アスタリフト(ASTALIFT)のトライアルキット!
アスタリフト(ASTALIFT)のトライアルキットは4品セットは1000円、6品セットはなんと1380円!
(送料無料です)

<<アスタリフト(ASTALIFT)のトライアルキットセット内容>>
*ローション 30ml
*ホワイトニングエッセンス5g
*クリーム 5g
*デイプロテクター 0,7g×2包

*リキッドソープ 2.2mL(1380円コースのみ)
*クレンジングジェル 3g(1380円コースのみ)

アスタリフト(ASTALIFT)は、女性の「内側から輝くような素肌」の為のスキンケア。写真をより美しく表現するためのコラーゲン研究、写真プリントの色あせの原因となる活性酸素の制御、粒子を細かくするナノテクノロジーを応用したハイテク化粧品。
アスタリフト(ASTALIFT)は、フジフィルムだからこそのスキンケアをお届けします。

アスタリフト(ASTALIFT)の秘密はアスタキサンチン?

アスタリフト(ASTALIFT)シリーズの赤い色は、自然界が生み出した天然色素アスタキサンチン。

アスタキサンチンは、野菜などに含まれるβ-カロテンやリコピンを始めとするカロテノイド色素の仲間です。ヘマトコッカスなどの藻類やそれを食べる海の生物に含まれることからアスタキサンチンは海のカロテノイドと呼ばれています。エビやカニなどの甲羅、サケの身やイクラの美しい赤は、食物連鎖によって摂取・蓄積されたアスタキサンチンの色によるものです。

アスタキサンチンは高い防御作用を持つことで知られ、そのパワーはβ-カロテンの10倍、COQ10の1000倍とも言われています。サケが産卵のために川を遡上するパワーや、大量の紫外線を浴びながらも孵化できるイクラの生命力は、正常な働きを失わせる外的ダメージから身を守る、アスタキサンチンの高い防御力によるものとか....

さらにアスタキサンチンは、他のカロテノイドのように短時間で力を失うことなく、そのパワーを繰り返し発揮出来るという特徴を持っています。

当サイトのオススメ情報


当サイト内最新のコンテンツ

アスタリフトホワイトニングエッセンス

「アスタリフト ホワイトニングエッセンス」3つのこだわり



アスタキサンチンとピココラーゲン・ビタミンC誘導体でシミ発生からまもる!

美白有効成分「ビタミンC誘導体」が、シミのもとであるメラニンの生成を抑え、肌に根深く定着する"永遠のシミ"を防ぐとともに、肌環境を整え、メラニン排出を促します。



大小3種類のサイズのコラーゲン配合で、ぷるるんお肌に!

大きさの異なる3種のコラーゲンが、肌の表面、肌内部、さらに奥(※3)へとしっかり浸透。保湿とハリ・弾力感アップ、コラーゲン補給、潤いを持続的にサポートします。



CoQ10の約1000倍(当社調べ)の美肌パワー「アスタキサンチン」をナノテクで高浸透!

天然色素「アスタキサンチン」のパワーは、CoQ10の約1,000倍とも言われ、FUJIFILM独自の技術でナノ化し、肌の奥(※3)まで素早く浸透させることで透明感あふれ弾力のある肌に導きます。


アスタリフトの効果的な使い方

アスタリフトの効果的な使い方3STEP

STEP①洗う
アスタリフト『クレンジングジェル』『リキッドソープ』でクスミの原因となるメイク汚れと酸化した皮脂、古い角質をしっかり洗い流して、美容成分が浸透しやすい肌に整えます。

STEP②与える
アスタリフト『ローション』『ホワイトニングエッセンス』『クリーム』で肌に潤いを!
各アイテムのベースは、アスタキサンチンと3種類のコラーゲン。さらにアイテムごとに配合されたヒアルロン酸やローヤルゼリー、エラスチン、スクワランなどの保湿成分の働きで、指に吸い付くような潤い肌に導きます。

STEP③守る
アスタリフト『デイプロテクター』で肌をプロテクト。
アスタキサンチンとUVカットのダブルのバリアで、紫外線と環境ダメージから肌をプロテクト。3種類のコラーゲンとヒアルロン酸が肌をしっとり整え、ファンデーションのノリともちを高めてくれるので、化粧下地にも最適です。

コレだけでハイテク化粧品があなたのお肌を変えてくれます!
あなたもアスタリフトを試してみては!?
アスタリフトの口コミ

アスタリフトの口コミ①
定期購入をはじめて、早くも2クールめになりました。
昨日友達にひさしぶりにお茶をしていたのです、スッピンの私の顔をしげしげ゛見たあと、顔きれいになったね、しみがへって、肌のキメがむちゃくちゃ細かいよといわれました。うれしくなって、おもわず紹介してしまいました。さっそく試してみたいといわれ、インターネットでの購入を勧めました。
私としては、一番うれしい事は、顔全体がリフトアップしたことです。これからも歳だからとあきらめないで、磨きます。


アスタリフトの口コミ②
頬のお肉が下へ下がってくるのが気になり始めた私はフェイシャルエステに行くようになりました。
帰り道々顎から頬にかけて手でその上がり具合を確かめるのが常です。
でも余り長続きしません。
アスタリフトを初めて使った翌日私は何気なく鏡を見たらとがった顎、すっきり上がった頬。
当然写メールで姉と友人に送りました。少し小顔になったわたしです。


アスタリフトの口コミ③
「こんなイイコトがありました」の、いちばんは、やっぱり「自分の顔を好きになったこと」ですね。

今でも、もちろん「ココ」とか「ココ」とか「ココ」とかもっとよくしたいところはいっぱいあります。

でも、前は「どうせ何をやったって変わらない」と思いながら毎日鏡に向かっていましたが、今は「お手入れをきちんとすれば肌は変わる」ということを実感しながら、実際に変わった肌にお手入れを続けています。

いちばん嬉しかったのは、肌が「つるん」としたことでしょうか。年齢43歳、使用歴半年、使用商品ローション、エッセンス、日中下地の3品、肌質混合肌です。

アスタリフトをお使いの他の皆さんも、自分の顔が好きになれますように!


アスタリフトの口コミ④
3月も終わりだというのに今朝早く渋谷にも雪が舞いました。青山墓地の5部咲きの桜も震えているようでした。

現在アスタリフトを母と使っており、肌への浸透力が高く驚いています。もっともっとこれからも種類を増やして使っていこうと思っています。(最初は3点セットから、今はクレンジング+ソ-プも)

日曜日に母が通っている教会のバザーがありました。終了後茶話会にてバザー品のフランス製化粧品が売れ残り、安くするからと勧められたそうです。
母はFUJIFILMの化粧品を使っているので他のものは今は使えないと言ったところ、数人しかいない場で、2人の方が(いずれも60代以上)私も使っていてとってもいいわね、と。別の1人は娘がトライアルキットを使用してすごくよかったから今月中に購入するって言ってたわ、私もついでに買ってもらおう!と、アスタリフトですっごく盛り上がったそうです。
さすがに高年代の方々にはアスタリフトの名称は出てこなかったそうですが富士フイルムの知名度が高くてまた意外性の印象度が強くとても興味を持たれているようでした。母は次の日曜日にトライアルキットとパンフを教会へ持参してひとりでも喜ぶ顔をみたいそうです。(自身満々の得意げな顔が可笑しかったです)

使ってわかる使用感のよさが、好奇心の強いばっちゃま世代に認知されて、ますますその輪が拡がっていくようです。当の本人達はまだまだ30代位のつもりでいますので、うっかり年寄り扱いしても自分のことだとは気付かずに、興味のそそられるものにのみ集中してしまっています。

年代に関係なく、いいわよ~という声に振り向く内はまだまだ女も捨てたものでない、と実感するよいお話でした。

アスタリフト公式サイト<アスタリフト>より抜粋
アスタキサンチンとは

アスタキサンチン (astaxanthin, astaxanthine) は1938年にリヒャルト・クーンらにより発見された色素物質である。

β-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類される。IUPAC名は 3,3'-ジヒドロキシ-β,β-カロテン-4,4'-ジオン。

自然界に広く分布する。甲殻類の殻やそれらを餌とするマダイの体表、またサケ科魚類の筋肉の赤色部分などに見られる。名前はギリシャ語の "yellow flower" に由来するが、実際の色は赤色である。

生体内では遊離型、モノエステル型、ジエステル型の3形態が可能であるが、多くは脂肪酸エステル型であり、血漿リポタンパク質と結合した形で存在する。

甲殻類ではタンパク質(オボルビン、クラスタシアニン)と結合し、カロテノプロテインとして存在している。タンパク質と結合したアスタキサンチンは黒っぽい青灰色を呈するが、加熱によりタンパク質分子が変性してアスタキサンチンが遊離すると、本来の赤色を呈する。甲殻類を茹でると赤くなるのはこの現象に由来する。

アスタキサンチンの生理的役割

アスタキサンチンは高い抗酸化作用を持ち、紫外線や脂質過酸化から生体を防御する因子として働いていると考えられる。また、アスタキサンチンは光障害から目を保護すると言われている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』