歯科で親知らずの抜歯

歯科で親知らずの抜歯について

親知らずは歯科でさっさと抜歯

親知らずは歯科で抜歯してもらうことができます。はえてきても、普通に生活できるなら放置していてもかまいませんが、もし、歯茎に刺さって痛いとか不都合があるなら、さっさと抜いてしまった方がいいです。虫歯にもなりやすいので、思い切って抜きましょう。なくなってもさほど困るものでもありません。歯を抜くのはちょっと恐いかもしれませんが、歯科ではしっかり麻酔をしてから抜くので、痛みは全然ありません。麻酔が切れると少々痛みますが、10日くらい経てば傷も癒えてきて楽になれます。歳をとってから抜歯すると、けっこう体力的にキツいので若いうちにやっておくといいです。

親知らずの移植について

画期的な歯科医療の進歩で、親知らずを抜いたあと、奥歯の欠損部分に移植する親知らず移植が注目されています。歯の欠損治療として、入れ歯、ブリッジ、インプラントに選択肢が加わるとして大変期待されています。自分の歯のリサイクルなので、拒絶反応がおこることもなく、しっかりと根付けばメリットは大きいです。ただ移植には条件があって、真っ直ぐに生えていて虫歯のない歯が移植条件となります。使わない歯なのでリサイクルできるとしたら嬉しいものです。インプラントは歯科医院で保険適応外ですが、自家歯牙移植は条件付きで保険適応内で治療をおこなえます。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科で親知らずの抜歯について All rights reserved