歯科で大学病院の紹介

歯科で大学病院の紹介について

大学病院の歯科で親知らずの抜歯

歯科で行われる処置のうち、親知らずの抜歯では大学病院などに紹介される症例があります。これは、歯が生えている向きや根の位置によっては抜歯の中でも難症例とされるケースがあるためです。総合病院であれば、出血がひどいようなケースにも対応可能な設備が整っています。歯科医院の中には、口腔外科の診療・治療も行っているクリニックがあります。口腔外科は口の中の外科的な処置を専門とする診療科で、処置としては手術にあたる抜歯も口腔外科の専門分野です。口腔外科のあるクリニックでは、事前検査のためのCTなど設備も整っているため難症例と言われる親知らずも抜歯の大学病院などに紹介することなく自院で対応が可能です。

親知らず抜歯について

親知らず抜歯とひと口にいっても、上の歯か下の歯か、真っ直ぐ生えているか横向きに生えているかで、抜歯の手間が違っています。一般的に、一番抜きやすいのは上のまっすぐ生えている親知らずで、手間がかかるのが下の横向きに生えている歯といわれています。まっすぐ生えているのであればそんなに時間もかからず、歯科医院ですんなり抜くことができるのですが、横向きに生えている場合は、砕いて抜く必要があるのでそれなりに時間がかかります。歯科によっては口腔科を紹介される場合があります。どの場合でも信頼のおける医師に抜歯してもらいましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科で親知らずの抜歯について All rights reserved