歯科で知るべきこと

歯科を活用しない手はない

歯科で親知らずを抜くことは可能

親知らずは第三大臼歯とも呼ばれ、人間の永久歯の中で最も奥に生える歯です。正常に生えてこないケースが多く、歯科医から抜歯を勧められることがしばしばあります。実際に親知らずを抜歯した経験のある人も多いことでしょう。もちろん親知らずであっても通常の抜歯でしたら大丈夫なのですが、横倒しに生えてきていたり、顎の骨に癒着していたりといった特殊な場合には歯科医院で対応が難しく、口腔外科での手術を勧められるケースもあります。

将来の自分のために歯医者へ行こう

未来の自分を想像したとき、もし歯がなかったら、と考えると辛いですよね。美味しいものや好物を食べられず、笑顔で食卓を囲めないのは非常に悲しいことです。そんな未来にしないために、歯医者での定期健診は欠かせません。虫歯は放置するとますますひどくなってしまうので、早めの治療が肝心です。今ある歯を大切にすることで、将来の自分の笑顔を守ることが出来ます。歯医者では検診のほかにクリーニングや歯磨きのアドバイスも行ってくれますので、相談してみると良いでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科で親知らずの抜歯について All rights reserved