歯科と口腔外科の抜歯

歯科と口腔外科の抜歯について

親知らずの抜歯は口腔外科で

親知らずは傾いたり横を向いて生えることが多くなっていて、かかりつけの歯科医院から口腔外科で抜くことを勧められることも少なくありません。傾いていたり横を向いて生えている状態を埋伏といいますが、埋伏状態では正常な歯に比べて問題を抱えることが多くなります。正常な歯に比べて埋伏状態の歯は歯磨きが難しく、隣の歯も含めて虫歯になったり頻繁に炎症になる恐れが高くなります。また隣の歯にぶつかって生えている状態のため、ぶつかっている歯へ悪影響を及ぼす恐れもあります。その恐れを回避するため抜歯することになるのですが、親知らずの抜歯は外科処置にあたるため一般的な歯科医院では処置が難しく、口腔外科での抜歯を勧められることになるのです。抜歯には少し覚悟がいりますが、その後はこの問題に悩まされることがなくなります。

親知らずの抜歯について

親知らずを抜くのは怖い、と思っている人も多いかと思います。一般的に、親知らずは上のほうが抜くのがやさしく、下の歯のほうが若干抜きにくいといわれています。といっても、真っ直ぐに生えているのであれば、抜くのにそんなに手間や時間がかかることはありません。身構えているうちに、あっという間に終わることがほとんどです。抜くときには、しっかりと麻酔をするので、痛みはほとんどありませんが、抜いたあとは、やはり痛みがでるので、歯科から処方された痛みどめを服用します。自分の信頼できる歯科医師に抜いてもらいましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科で親知らずの抜歯について All rights reserved