歯科のあるあるです

歯科といえばここでしょう

虫歯の治療による歯科の治療

歯科での治療は、虫歯の進行度によって違います。進行度は、C0からC4となります。C1の状態は、まだ歯に穴が開いてないため、適切な歯磨きの仕方の指導などで、再石灰化を促す治療をします。C1は、虫歯の部分を削り取り、レジン等の詰め物をします。C2では、エナメル質の下の象牙質まで虫歯が進行しており、虫歯になっているところを取り除き、詰め物や被せ物をします。C3では、神経まで進行しており、歯髄の中まで信仰しているため、清掃し、薬を入れて、被せ物をします。最後のC4になると、抜歯が必要となります。

入れ歯を入れるメリット

歯を失った時検討するのが、インプラントと入れ歯です。前者は手術にお金や時間がかかりますが、後者はお手軽な点がメリットです。型を取り、自分の歯茎に合わせて作ってしまえば、見た目にも歯を失ったことを気づかれにくくなります。また、取り外しが可能なので、しっかりと毎日目視をしながら掃除をすることができます。入れ歯をつけ置きでクリーニングが出来るようなタブレットもたくさん販売されているので、利用すると清潔に保てて良いです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科で親知らずの抜歯について All rights reserved